カテゴリ:写真( 25 )
二人展「不可視の真実・可視な嘘」
写真家高橋恭司さんと二人展をさせて頂くコトになりました。
私は「内観の刻」より展示させて頂きます。初披露作品、新作も追加予定...

急なコトで告知が間に合っておりません。シェア、拡散、告知ご協力お願い致します。各写真,ART関連誌担当者さまもご協力頂けたら幸いです。

「不可視の真実・可視な嘘」

髙橋恭司×たかはしじゅんいち

2015年10月 7日(水)→10月26日(月)
髙島屋日本橋店6階美術画廊X ※最終日は午後8時閉場
2015年11月25日(水)→12月 7日(月)
髙島屋新宿店10階美術画廊  ※最終日は午後4時

■オープニングレセプション
2015年10月7日(水)午後5時より  
会場=日本橋髙島屋6階美術画廊X


■髙橋恭司×たかはしじゅんいち クロストーク
2015年10月10日(土)午後3時より 
会場=日本橋髙島屋6階美術画廊X

b0142150_74344.jpg

b0142150_7435715.jpg


このたび髙島屋では『不可視の真実・可視な嘘 髙橋恭司×たかはしじゅんいち』を開催いたします。共に60年代前半に生まれ、ある一定期間海外を生活の拠点にするなど共通項の多い両氏。コマーシャルフォトの世界に身をおいてきた二人の写真家が『都市と身体性』をテーマとした二人展を展観。
クライアント、被写体の制約から解き放たれ自己表現のみの為だけに撮影された作品からはそれぞれのバックボーンが垣間見られます。都市(街)とヒトを媒介し、写真というメディアを通して身体性や他者性を記号化するふたりが同一空間で織り成す世界をどうぞご高覧ください。

高橋恭司さんは「氷映」よりの出品...
http://www.kansaiartbeat.com/event/2015/77C9
b0142150_7463213.jpg


たかはしじゅんいち
www.junichitakahashi.com
[PR]
by junichi624 | 2015-09-05 07:44 | 写真
WORK LOGを始めました!
ホームページの様な、ブログの様な、SNSの様な、気軽にupdate出来るように...
Photographerたかはしじゅんいちです。

下記のWORK LOG始めました。
未だ未完成ですが、随時新しいコンテンツ、仕事を追加していきたいと思います。
皆さんご意見や感想、アドバイス、拡散などよろしくお願い致します。

following WORK LOG like SNS like a Blog like a Home Page -- it just Started.
Although it is still incomplete, I would like to add contents new at any time and works.
Please give me an opinion, comment, advice, diffusion, etc.

WORK LOG
http://junichiphoto.tumblr.com

制作は by Mr. Kazuyuki Nakahara / Greenish LLC.

春にはホームページも完全リニューアルします!
Full renewal also of the homepage is carried out in spring!

[PR]
by junichi624 | 2014-03-25 11:48 | 写真
寒中お見舞い申し上げます
寒中お見舞い申し上げます
新年になりアッと言う間に日々が過ぎていきます。

地元高幡不動尊で家族で初詣、そして先日仕事の仲間達と武蔵御嶽神社にて正式参拝を済ませて参りました。
心新たに「写真」に「仕事」に向き合い挑戦して参ります。

折しも昨1/14東京は大雪...私は丁度「初」選挙ポスターの撮影をしておりました。スタジオを出るとびっくりする様な雪...しかしスタジオの中は、暖かい雰囲気で「誠実さ」「優しさ」を表現する撮影。
選挙ポスターの重要性、難しさ。。。そしてクリエイティブの可能性を感じました。

b0142150_095689.jpg


これからも真意に、誠実に撮影に、被写体に向き合っていこうと思う年の始め
2013年も変わらず叱咤激励をよろしくお願い申し上げます!

デジタルとアナログ、電子と紙、それぞれの特性...そして自分の撮りたいモノ...

追伸:タバコ辞めようと思います
(写真は今年からインターンで来ている柳田君が撮ってくれたモノです)

The new year which pays a visit cold season comes, and every day passes in the twinkling of an eye.
I have substituted formal worship for local quantity Takahara Fudouson with the family and the Musashi Ontake shrine with work friends the first visit in the year to a shrine and the other day.
the heart -- "work" will be faced and I will newly challenge a "photograph."
Jan 14th Tokyo is heavy snow just then... I was photographing the campaign poster first time.
snow which is surprised if it comes out of a studio -- the photography which expresses "sincerity" and "tenderness" in atmosphere where it is warm the inside of ..., however a studio.
The importance of a campaign poster, difficulty.
And a creative possibility was felt.

Beginning of the year regarded as a photographic subject being faced at photography with it being sincere in real intention off course!
I will not change 2013 but please give me strong encouragement!

I am thinking digital one, an analog and an electron, paper, and each characteristic which ... and what I want to photograph ...

postscript:I will quite smoking in this year -- (photo by Yanagida who is coming by the intern from this year)
[PR]
by junichi624 | 2013-01-16 00:18 | 写真
水と土の芸術祭/市民活動に参加
水と土の芸術祭の市民活動として参加!
(情報の覚え書き、変更の可能性がありますが、随時updateしていきます)

NIPPON-JINと新潟人
会期:11/17-30
会場:新潟中央キャンパス | 新潟国際情報大学
〒951-8068
新潟市中央区上大川前通七番町1169番地 1Fロビー

b0142150_1215338.jpg


11/17: 1PM-5PM
新潟人大撮影会!決定

写真家たかはしじゅんいちが撮る新潟人!参加者募集、無料
www.junichitakahashi.com
撮った写真はNIPPON-JIN写真展示会場内のハイビジョンモニターにて投影。

水と土の芸術祭

同時にNIPPON-JIN写真集(A-WORKS出版)のサイン会1890円
1800円の中の33%(594円)はBackup Center Japanの被災地支援活動費として使わせて頂きます

エンタメレストランDAIDOCO X 6dim+X Backup Center Japan
新潟キログラムの懇親会─チャリティライブ in 新潟 @ 水と土の芸術祭 メイン会場内シェアキッチン
http://6dim.com/live_info_20121117.php

これから一気に詰めてより楽しく充実したモノにすべく頑張ります!皆さん奮って参加お待ちしております
[PR]
by junichi624 | 2012-11-09 05:16 | 写真
NIPPON-JIN Photo Exhibition at Sydney
Thank you very much, The Japan Foundation in Sydney.

Japan Foundation Gallery

b0142150_2236132.jpg

b0142150_22373888.jpg


The Japan Foundation present the final photographic exhibition from the Momentum trilogy, ‘Nippon Jin’. This exhibition will be showcased at the Japan Foundation Gallery from 31 August – 28 September.

New York & Tokyo based commercial photographer, Junichi Takahashi, famous for his celebrity portraits including Robert De Niro, Calvin Klein, and Anna Sui.

Through his images, Takahashi explores the subtle difference between “Japanese as seen by the rest of the world” and “Japanese as seen by the Japanese in Japan”. Each portrait shows the subjects individuality.

In addition to his Nippon Jin collection, you’ll also have the opportunity to see photographs taken by Takahashi from the disaster affected areas of Japan. Takahashi continues to frequently visit these areas, taking snapshots of the location, landscape and most importantly, the people.

As Takahashi states, the motivation behind his work is “not photos for me, but for them, to provide support.”
[PR]
by junichi624 | 2012-09-08 22:38 | 写真
4/27 NIPPON-JIN写真書籍発売!
b0142150_10303389.jpg

(告知)4/27にA-WORKSより写真書籍NIPPON-JINが発売されました!1800円+TAX。amazonでもご購入頂けます。

白バックで作り込まず、一般の人々をただただ4年程撮り続けて来たプロジェクトです。
420人程の様々な日本人達(参加頂いた方々は基本全員入ってます!笑)。
撮影場所は東京、ニューヨーク、名古屋、新潟、岩手と多岐に渡りました。
b0142150_11293640.jpg


「日本人ってなんだろう?」ってNYで始まった疑問から、「言葉で説明出来ないんだったら、写真にして見せれば良いや」って事で始めました。メッセージがある訳でもなく、アートでもない日本人カタログ的な。。。そして継続中のプロジェクト♪

この写真集は本当は去年の4月に出版予定でしたが、311により、高橋は新潟で救援物資の仕分け「救援物資バックアップセンター新潟(Backup Center Japanの前身)」を作って活動。A-WORKSさん、高橋歩代表も石巻に入り、瓦礫撤去などのボランティア活動を開始した為、出版を延期したモノです。その後、色々な事を考えながら、修正、追加撮影をして仕上げた一冊です。

な〜んも難しい事もメッセージもありませんが、是非手に取って貰い、一人一人自由に想いを巡らせて頂けたら幸いです。

高橋本人からもご購入頂けます!そしてA-WORKSさんのご好意により、私、またはBackup Center Japanからご購入頂いた本の収益の一部をBCJの活動資金に充てさせて頂ける事になりました。出版社さんの理解に感謝しつつ、応援頂けたら幸いです。

そして、渋谷の空飛ぶ古本屋Flying Booksにて、NIPPON-JIN写真書籍を取り扱って頂ける事になりました。3代目店主山路さんのご好意に寄り、完全ボランティアで、高橋からの手売り同様売り上げの一部が我々の活動資金(主に被災地までの交通費、宿泊代)になります!是非お立ち寄り頂き、手に取って頂ければ幸いです。http://www.flying-books.com/store.php

。。。と言っても被災地本ではありません。たまたま被災された方も入っています。岩手での撮影は私の原風景である「腰の曲がったおばあちゃん農婦」や「男っぽい漁師」さんを2010.2中旬に撮影させて頂きました。その3週間後に震災。。。また在日の方も彼らの意思を確認した後、掲載させて頂いています。何をして「日本人」って思います?今改めて日本人って?一緒に考えてみませんか?
[PR]
by junichi624 | 2012-04-01 11:30 | 写真
2012年へ
2011年を忘れる事なく、前へ進んで参ります。
クリエイティブに楽しく♪
柔軟に物創りしていきましょう☆

写真、家族、仕事、支援、そして仲間たち
「繋がる」
一人で出来ない事も一緒に!
今後とも益々の叱咤激励、ご協力宜しくお願い致します。

2012年が皆様にとって輝きに満ちています様に☆去年より幸多き年であります様に☆

4月を目標にその一つの形「NIPPON-JIN」写真書籍をA-Worksさんより日米同時出版致します。NY在住19年の高橋がコレクションした多種多様な不揃いな日本人400人をお楽しみ下さい♪

b0142150_11513288.jpg

[PR]
by junichi624 | 2012-01-01 12:01 | 写真
NIPPON-JIN写真集
皆様ご無沙汰しております。そしてお待たせ致しました。

本来なら今年5月に発売している筈の写真集「NIPPON-JIN」多種多様な日本人350人のポートレイト集が、やっと再始動。現在2012年4月出版に向けて準備しております。

311東日本大震災は、私自身も日本人に対して、家族に対して、また日本と言う国に対して沢山考え、色々な思いを持つ機会になりました。
皆さんと共にこの時期を乗り越え、益々日本人である事を誇りに思える様に頑張っていくつもりです。今後とも宜しくお願い致します。
b0142150_1645986.jpg
b0142150_1643830.jpg


今皆さんにアンケートを書いて頂いていますが、何ぶんメール情報が古く全員にアンケートが行き届いてないのが現状です。日本人撮影会に参加しているのにメールが来ていない方は大変申し訳ありませんが、高橋宛にメールをお願い出来ませんか? junichiphoto@earthlink.net



アンケート内容は下記です。

①全員のお名前(フルネーム、漢字、ふりがな)

②全員のご年齢(撮影時)

③全員のご職業

④座右の銘/自分の真ん中にある大切な言葉(30字以内)

⑤一番大切な宝物(30字以内)

⑥趣味(30字以内)
[PR]
by junichi624 | 2011-11-11 16:05 | 写真
たかはしじゅんいち写真展「内観の刻」序ー新宿高島屋10F美術画廊6/8~20
たかはしじゅんいち写真展開催します!

b0142150_1464154.jpg

b0142150_1473143.jpg

b0142150_1483992.jpg

b0142150_148786.jpg

b0142150_14151933.jpg





「内観の刻」序

2011/6/8~20
新宿高島屋10F美術画廊

渋谷区千駄ヶ谷5-24-2,
03-5361-1111代表
10AM-8PM,(11,18土曜日は8:30PM,20最終日4PMまで)

Artist Talk
2011/6/12, 5PM~

「今」の写真に対する想いや今後のビジョンなどお話しようと思います

「内観の刻」序ー華道家が生きた花をいけてそこに宇宙を構築する様に、時間を掛けて練り上げられた奇跡の肉体達の一瞬の「華」を写真で捉えようとの試み。
そしてデジタルで撮影されたデータを徳島のawagamiさんご協力の元、全て手漉き和紙に出力。鍛え抜かれた肉体と光が 作る硬質な世界感と、手で漉かれた和紙の柔らかさ、風合いをご覧頂けたら幸いです。

こんな時だからこそ、今は自分の出来る事「写真」に集中します。

「表現」として次へ行く為の挑戦です。皆さん見に来て下さい。そして感想、アドバイスをドシドシお寄せ下さい。出来るだけ会場に居りますので、気軽に声掛けて下さい。
見た目ほど怖くありません(笑)

内観の刻-序

生と死について考えている。その境目はどこにあるのか。この世に現存する人間。常に移ろい続ける身体の刹那、命(身体)の力

華道家が生きた花を活けるように、人を『いける』感覚で、肉体の起源と可能性を切り取ろうとする試み。肉体の持つ絶対的な生きる力と内面から立ち表れる苦悩、儚さ。それは自分に対しての根源的な問いかけでもある。自分は何ものなのか?
 肉体とは何の為にあるのか。とりわけ舞踏家にとっては、自身を解放する為に鍛え抜かれた身体と身体表現。それは原始動物か、未来のアンドロイドをも連想させる。

瞬刻の美。動こうとする舞踏家を,動きに負荷を掛けたり、誘導したりしながら、思いのままに「いけていく」その一瞬。条件反射の様に動こうとするその奇跡の肉体と対峙し、自分に問いかける。
目で見るだけでなく、心で感じ、体感する様にその肉体の宇宙を捉えたい。

 これまで、コマーシャルフォトグラファーとして活動してきたことを背景として、今回は自分と、そして被写体である肉体と、真に向き合い、必要のない装飾を削り、人体の骨と皮膚と筋肉がつくりだすフォルムを一瞬を「華」と見立てて表現することで、人は,自分は、何モノであるのか問いかけている。

今にして思えば、私は写真と共に生きて来た様に思います。何をするにも写真を「撮る」事で自分に向き合い、優しさや誇りなど、生きていくのに必要な何かを手にして来た様に思います。絶望や挫折、そして生きる事、死ぬ事を目のあたりにして尚、カメラを通して観る事で一歩でも前に、そして1歩でも深く、知覚していこうと思います。


今回のサブタイトルの「序」はbegining…始まりです。

最後に
東北大震災で亡くなられた方々、遺族の方々に心からお悔やみを申し上げると共に全ての被災した皆様には心よりお見舞い申し上げます。
[PR]
by junichi624 | 2011-05-17 14:19 | 写真
私心ー宮城への想い
>3度目の宮城。。。311震災後、写真家の役割を見つけられずに、写真活動を封印して、高橋個人の想いで、出身地の新潟で1ヶ月仕分けと情報のコーディネート(当時は被災地の南からの支援が難しかった為に裏日本より支援を開始)をして、4月の頭から被災地を訪ね、物資を運び、被災した色々な人と繋がって、同じ方向を向いていた「結」のメンバーに同行させて貰って、写真撮ったり、子供達と遊んだり、仲間作ったり。。。

http://www.educational-future-center.org/machigoto/index.html
http://akirawebjournal.weblogs.jp/
http://blog.asobusiness.com/?month=201105

被災した方々にも色々な想い、シチュエーションがあって、緊急支援とは違う現地の声、想いを耳にするにつれ、支援の方法をアップデートする必要性を感じています。そして何よりその色々な人たちのニーズ、想いありきの支援が必要だと感じています。

全壊した小学校の校長先生は「幸いにも我が校の生徒は全員生き延びる事は出来た」と胸を張る。奇跡だ!学校の屋上まで津波に飲み込まれながらも、その数分単位の状況判断。雪の降る女鹿半島の小高い丘で小学生を抱えての避難。いつ来るか判らない次の津波、真っ暗な中で波の音に震える生徒。。。想像すら出来ない「その時」「その経験」
でも、私の前で始業式を向かえる子供達はふざけてみたり、はにかんでみたり(笑)くったくない。
その経験は判って上げれないけど、だから一緒に遊んで、新しい彼らの思い出を写真を使って応援していく事に決めた!あの愛すべき子達と繋がっていこうと思う。

湊水産の木村夫妻。知る人は知っている無添加無着色の愛情たらこ!石巻の市内の工場も、そして自宅も被災した。2階へ達する津波の翻弄され、工場の3Fに避難。流されて来た人、電信柱にしがみついて震えていた人、食事が出来ず彷徨っていた若者などを助け、一時80人の人が避難していた工場。絶望的とも思えた工場が色々な人の助けや援助で、いやそれは全て木村社長の頑張り、想いがあったからなのだが、奇跡的に僅か2ヶ月未満で、「愛情たらこ」生産がスタートにこぎ着けた。
味は勿論、最高!しかも被災後3週間目からの変化を見ている者として涙が出る程「美味い!」
http://www.rakuten.ne.jp/gold/minato-s/

石巻の海に近い職場で被災した日本料理のシェフ。「生き残る事」を体感して涙ながらに語ってくれた当時の様子はここでは書けない。何も出来ない絶望の期間を経て、既にご自分で動き出されていた。自分に出来る事、つまり料理をする事で子供を元気にして、そうすると廻りの人も元気になるでしょ。。。と。現在はお好み焼きやたこやきなどの炊き出しを自ら行われていました。炊き出しを支援したい人、是非ご連絡下さい!
被災されながらも自ら動かれる人たちを高橋個人としても、バックアップセンタージャパンとしても、全力で応援したい!
まず次は、彼の使っていた「包丁」を持って行く!そして物資提供は継続的に続ける事。ご協力をお願い致します。そしていつか彼が作る最高の日本食を食べる事を夢見ながら!

ここに上げている人たちだけではなく、縁があり、繋がった人たちへの支援をこれからも継続的にしていくつもりです。

http://www.amazon.co.jp/wishlist/

有志の集まりである「バックアップセンタージャパン」も、個人である写真家「たかはしじゅんいち」としても小さな小さな活動ですけど、縁のあった人たちを可能な範囲内で支援していこうと思っています。でも個人の力も繋がっていければ、何か出来ると信じています。

被災地を訪ねていると力のなさに心が折れそうになったり、妙に独善的になったり...。今まで経験した事のない色々な感情に飲み込まれそうになります。でも、そこに一緒に活動出来る仲間が居たり、後ろで支えてくれる人たちによって立っていられる。一人じゃ出来ない事も、みんなと一緒なら出来る。

ありがとうございます!そしてこれからもご協力を宜しくお願い致します。

(写真は随時アップしていきます)
[PR]
by junichi624 | 2011-05-09 11:01 | 写真



Junichi Takahashi Photo Diary
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
全体
NIPPON-JIN project
雑記
写真
ニューヨーク
photo
New York
Backup Center Japan
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 09月
2015年 07月
2014年 11月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧